男性

リアップの副作用を知ろう|頭皮に効く新アイテム

薄毛を治す飲む育毛剤

メンズ

安全に摂取するには

横浜市内では薄毛治療をしている病院が増えています。横浜で男性型脱毛症の治療をすると処方されるのが「プロペシア」です。プロペシアはそのまま飲んでも効果が高い飲む育毛剤ですが、せっかく飲むなら最大限の効果を引き出したいものです。横浜で薄毛治療をするときには、医師や薬剤師がプロペシアの注意点を説明してくれます。その注意点を必ず守ることが大切です。他の内服薬もそうですが、アルコールを飲んだあとにプロペシアを飲むと、肝臓に負担がかかります。アルコールもプロペシアも、肝臓で分解されるからです。肝臓に過大な負担がかかると、肝機能障害のリスクが高まります。アルコール後のプロペシアの摂取は控えることが大切です。また、胃腸が悪い人は、空腹時の摂取を避けることです。胃の中が空っぽだとプロペシアが負担になります。普段から胃が弱めな人は、朝昼晩いずれかの食後20分以内に摂取するのがお勧めです。横浜の病院なら、事前に肝機能に問題ないか検査した上で処方してくれます。プロペシアの飲むタイミングに決まりはないので、体に負担にならないように、自分で飲むタイミングを決めて飲む必要があります。大事なのは、「飲む習慣をつくる」ことです。一日でも飲み忘れると、それだけで効果が出るまで時間が伸びます。ご飯を食べたり、歯を磨いたりするのと同じように、習慣化することが大切です。24時間常にプロペシアの血中濃度を一定に保つために、同じ時間に飲むのがお勧めです。そうすればプロペシアの有効成分が薄毛に効きやすくなります。